忍者ブログ

07 2018/08 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[07/06 暖]
[06/21 よしぞー]
[04/24 暖]
[04/21 リボ]
[04/10 暖]

08.20.10:17

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/20/10:17

11.11.20:40

背中が痛い

091111_193940.JPG昨日から、背中が痛い。
全面的に痛いのではなく、左側のけんびきのあたり。
凝っているというよりは捻ったのかと思うような痛みで、今日一日様子をみてもマシにならない。
特に痛みが発するような何かをした、ということはないのだが、いっこうに楽にならないので、困ったなーと観念して夕方に整骨院へ。
結局、原因は凝りだったらしいけれど、痛いものは痛いし、仕事に支障が出ている。
手技をしてもらって、超音波をあててもらって、低周波をして、テーピングという対応で帰ってきた。

今日も写真は、晩ご飯。
帰りに寄ったスーパーでは、あさりが安くなっていたので、今夜はあさりの味噌煮込みうどん。土鍋ではなくホットプレートを使って調理したから、スープは少なめ。
PR

07.10.22:29

予告があった

予告といっても、私が予告されたわけではない。
まだ配信開始になってないだろうなーと思いながら、次が一旦最終回となる携帯小説のサイトを見に行った……ら、今まで私が知らなかっただけなのか、今回特別なのか、更新予告がアップされていた。

いやー。びっくりした。そして笑った。面白かった。
紹介文を見て本文を読んだ読者さんが「詐欺っ」と言うかどうかは、ともかくとして(……だって、そこは私の担当ではなく商業サイトのほうの担当の責任だもの)。
キャラクターの紹介文のところに、〇〇受、〇〇攻、というのも書いてあった……というところに、笑ってしまった。
主人公のところの〇〇受の表記に、書き手本人としては「ぷぷっ」と噴き出してしまった。
それから、紹介されている4人のうち、最後のキャラのところで、また噴き出してしまった。
いやー、それは違う誤解を招きそうですよ、担当さん。
面白いから、まあ、いいけど。……機会さえあれば、やってもいいけど(笑)
何はともあれ、自分としてはどの子も可愛いのに、このキャラは4人の中では一番日蔭な気がしていたので……ちゃんと〇〇受って書かれてあることに、思わず「出世した!」とも思ったり……(笑)
ふふふっ。今度、この会社のほうの担当と話す用があった時に、誰が考えたんですかって聞いてあげようっと。

04.02.01:06

お祭りに

……参加できませんでした。
何のお祭りかというと、4/1、エイプリルフール、ホラ吹き祭り。
どうせなら、何の罪もなさそうな楽しい嘘をつきたいのに。
あっという間に、一日が終わっちゃったよ。

昨日は朝から出かけていたのですよ。
4時間睡眠で自宅を出発、車を片道1時間半ほど運転して、最初の目的地に到着。
所用で、ぐりると回ってきたのですよ……尼崎と伊丹を。
親戚宅、病院、市場、知人宅……と回ってきて、帰宅は3時頃。
帰ってみると宅配の不在票が入っていた。ので、6時以降の再配達をお願いする。
そのあとは、疲れてしまっていたので、お昼寝。
うとうと~っと気持ちよく寝ていたら、担当から電話が入る。
打ち合わせをしたのち、再度ベッドでおやすみなさい。
6時を回った頃に玄関チャイムが鳴って、宅配で届いた携帯小説の契約書を受け取る。
今回は、やけに契約書の届くのが早い。きっと、原稿が早かったせいだろう。
玄関先まで出て宅配を受け取ったけれど、まだ寝足りなくて、みたび、ベッドに懐く。
結局は、7時頃にもそもそと起きだした。

晩ご飯は、昨日から食べている五目ちらし寿司。
それに、にゅうめんと、尼崎の市場で買ってきた美味しい平天。
あと、せん切りにしたキャベツを平天に添えて、テレビを見ながら、もぐもぐ。
食後には、同じく尼崎で買ってきた大粒いちご「紅ほっぺ」を半パック。

疲れやすく、疲れが抜けにくい。
そういう体質なので、お昼寝と食事をしても、まだ疲れてが抜けていなくて、やっぱり原稿に気持ちが向かない。
……ので、新年度がスタートしたことでもあるし、PNでやっているサイトを、更に半パックの「紅ほっぺ」をつまみながら、ものすごく久しぶりに更新する。
あちこち更新したり撤去したり設置したりしているうちに、あっという間に時間は経って、エイプリルフールの楽しみは、そっちのけになってしまった。

090401_123702.JPGそんな今日は、外出中にケーキを食べた。
どこでお昼を食べるかなー、あそこにしようかー、ああそうだねー。というようなノリで寄ってみたら、ケーキバイキングをしていたもので……よしお昼ご飯はケーキバイキングだぞ、と。
食べたのは、いちごのタルト、いちごのミルフィーユ、チョコレートのケーキ。
コーヒーは、おかわりをして2杯いただく。
普通サイズにカットされたケーキなので、3つで満腹になってしまった。
090401_130636.JPGどこのお店のケーキかというと、写真のお皿を見ればおわかりになるかと思うけれど、某F家のケーキだったりする。
嗚呼、イタリアンショートも食べたかった……。
シンプルで美味しそうだったロールケーキも、食べたかった……。
まあ、胃袋の許容量に限界があるし、どれだけ気持ちは欲張っても、入らないものは、入らない。
ケーキは美味しかったし、お腹は満ちたし、「もっと食べたかった」とは言っても十二分に満腹になったし、別にバイキング負けしているわけでもないので、当然ながら不満もない。
でも、やっぱり、イタリアンショートとロールケーキも、食べたかったなぁ。

02.20.02:13

感じる楽しみ

今日は午後から舞踊団のステージを観てきた。
ステージで繰り広げられたのは、フラメンコ。

観ていて思ったことがある。
バレエもタンゴも中国系の舞踊も、身体で表現する「踊り」だ。
フラメンコだって、それは確かに同じ……はずなのだけれど、実際に生でスペイン人のフラメンコを初めて観終えた感想は、バレエやタンゴや中国系舞踊とは、まったく違ったものだった。
ステージの上では生の音楽が演奏され、フラメンコのダンサーは「踊って」いた。
それは身体を使った表現で、視覚的には確かに「舞踊」なのだけれど、でも違う。
例えるなら、歌は、身体を楽器にした演奏だ。
それと同じく……というと語弊があるかもしれないが、フラメンコは、全身を使った演奏だった。

もうひとつ、思ったことがある。
フラメンコの女性ダンサーの美しさには、外見上の美しさや若さは関係ない、ということだ。
実際の年齢は知らないけれど、綺麗そうな少し若そうなダンサーが中央にいることが多くて、ベテランの、いかにもおばちゃんといった外見のダンサーが舞台の袖近くになったり後方にさがったりしていた。
けれど、どう観てもフラメンコを踊る姿は、ベテランのおばちゃんのほうが美しかった。
もしかしたら、素人だからそう思っただけなのかもしれない。
それでも、思う。フラメンコはダンサーとしても人間としても年季が入っていそうなおばちゃんのほうが美しい。
官能的な美しさ、婀娜っぽさ、喜び、悲哀、芯の通ったしなやかさ……そういったものが、若い踊り手とはまったく違っていた。
ダンサーとしての経験というのもあるのかもしれない。
魅せ方を心得ている人と、まだまだ発展の余地がある人との差なのかもしれない。
ただ、若いダンサーがステージの中央でどんなに目立つように華々しく踊っていても、私の目はどうしてもおばちゃんダンサーに吸い寄せられ、追いかけていた。

フラメンコの男性ダンサーについては……これまた、ちょっと思うところがあった。
まあ、だけどこれは、ここに書くのはやめておこう。


フラメンコを観てきたホールで、今日は3月分のチケットを買ってきた。
来月は、アコーディオンの演奏を聴きに行く。これはソロの演奏会。
それからもうひとつ、邦楽の演奏会を聴きに行く。
こっちは筝と三絃、それから尺八。……この3種類の邦楽の楽器に、チェロとコントラバス、ヴァイオリンが加わった構成。
プログラムは邦楽一色、西洋楽器との出会いという副題がついた演奏会になっている。
西洋楽器が、どこまで邦楽の演奏に加わるのかは、わからない。
賛助出演ということだから、フルで加わっているのではないと思うのだけれど……そのあたりも含めて、ちょっと楽しみ。

ついでに4月のチケットも買おうかと一瞬迷った。
迷ったチケットは演奏会ではなく、寄席、上方落語。噺にくるのは、桂一門のひとたち。
落語家には、はっきり言って詳しくない。というか、疎い。
なので、その寄席にくる噺家さんたちの名前を見ても、知った名前はひとつもない。
どうして買おうかと思ったのかというと、今日のフラメンコの同行者2名のうちの1名が、同じ4月に催されるお笑い芸人のステージに行くのはどうかと聞いてきたからだ。
広告を見ると、名前も顔も一致するそれなりに有名なお笑い芸人さんが3組、出演者に名を連ねている。
でも、その時の咄嗟の返事というのが、「そんなのよりも落語のほうが絶対にいい!」で……。
結局4月のチケットは、また来月改めて考えようということになった。


何はともあれ、今日観てきたのはフラメンコ。
――今夜は夢の中でフラメンコの靴音が鳴り響くだろうか?

02.07.21:44

ぱたっ、と……

今やっている修正するところを、どう修正するか。
……というので、詰まってます。

うーん、うーん。