忍者ブログ

08 2018/09 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 10
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[07/06 暖]
[06/21 よしぞー]
[04/24 暖]
[04/21 リボ]
[04/10 暖]

09.24.11:24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/24/11:24

11.15.05:54

夜明け前

昨夜11時過ぎから寝たせいか、今日は午前3時半くらいから起きている。
ずっと寝ていたわけではなく、就寝中、一度だけ目が覚めた。
充分に寝足りた感じがするので、更に寝るのはやめて起きているといった次第。
いつもなら、起床後には入浴だけれど、野中の一軒家ではなく集合住宅(しかも古い)なので、こんな時間からバスタブにお湯をためるのは近所迷惑。
入浴のかわり、というわけではないけれど、深夜アニメと録画しておいた「外事警察」を見ながら朝食をとり、大根を切って下茹でをし、じゃがいもの皮をむいて水に晒し、だしをとってこの2種類とちくわを煮物にした。
……煮物といっても、まだ調味料として入っているのは味醂だけで、今現在はガスを止めて蓋をし、余熱調理をしている。
このまま煮物として食卓に乗せるか、それともあとで材料を買い足しに行っておでんにするか、のんびりと迷おうと思う。

背中の痛みは、昨日の朝の段階でほとんどなくなった。
追加で痛くなった左手首も、すでに何ともない。
だけど昨日は原稿があまり進まなかった。
今日は午前中から、見違えるように捗ってくれるといいなぁ。

「捗ってくれるといいなぁ」と他人事のように思っている間は、捗らない。
当たり前の話だけれど、誰かがどうにかしてくれたら捗るわけではないからだ。
こういう時には、毎回違う場所にある気合いスイッチを手探りで探してONにして、自分で自分に「……書け!」と指令を下さなくてはならない。
その自分に対して下す指令が「とにかく書け、迷わずに書け」までいくと、憑きものが落ちたように進み始める。
ただ、問題はこの「憑きものが落ちたように」というのは、それまでが「中にいる自分」だとすると、それ以降は「外にいる自分」になることだ。
基本として「文章に書いている時のノリが出やすい自分」というのがあるだけに心配な部分はあるものの、そのせいで以降の部分をダメ出しされたことは今までないので、まあ、きっと大丈夫なのだろう。

何はともあれ、そろそろ6時が近くなっている。
もう、バスタブにお湯をため始めてもいい頃合いだ。
ガーゼに包んだ蜜柑の皮を先にバスタブに入れて、今日も蜜柑湯にしよう。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら