忍者ブログ

10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[07/06 暖]
[06/21 よしぞー]
[04/24 暖]
[04/21 リボ]
[04/10 暖]

11.18.13:15

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/18/13:15

04.02.01:44

六語

『祭り』『空』「夏影」「海」『メロンパン』『爆弾』を全部使うこと。
テーマは、「花火」。

*****

 祭りの気配は、砂浜まで漂ってきていた。
 空はとっくに夜の色で、目の前に広がる海は暗い。
 『夏影』を聴きながら歩いていて、僕は彼女を見つけた。
 見つけたのは、偶然じゃない。正確には、探していたんだ。
 彼女は、浴衣姿で浜辺にひとり座っていた。
 そっと近寄った僕は、右膝でトンッと彼女の背中をつついた。
「なっ……何だ、びっくりするじゃないの」
 驚いた顔で振り返った彼女の手には、見なれたパン屋の紙袋が握られている。
「何それ?」
 祭りにはテキ屋が出ていて、食べ物を売る夜店もあるのに。
 そう思うと、ちょっとおかしくて、僕の声は揶揄を滲ませていた。
「アンタには関係ないでしょ」
 少し声を尖らせて、彼女が中腰になった僕の耳からイヤホンを奪う。
 ぶらんと首から垂れ下ったイヤホンを指先で弄っている僕と、浴衣姿で座っている彼女。
 祭囃子はこの砂浜まで聞こえてくるけれど、今ここには、ふたりの他には誰もいない。
「どうせ、いつものメロンパンだろ」
「知ってるなら聞かないでよ」
 そう言って、彼女はぷいっと明後日の方向に顔を背けた。
 ほんのりと膨らんだ頬が可愛くて、僕は「さあ、どうかな?」なんて言ってみる。
「もしかしたら、中身は爆弾かもしれないじゃん」
「バカなこと言わないでよ。買ったのは私なんだから、中身くらい知ってるわよ」
 あきれたような声に、ひそやかな笑いが混ざっている。
 暗くて表情がよく見えないことを残念に思いながら、僕は彼女の隣、特等席に腰を降ろした。
 ここから眺める花火が、一番美しい。
 それは、毎年思うことで……。
 僕にとって、いつも間違いのない真実だった。

*****

某所より、転載。
メモによると、2008年8月、10分か15分くらいで書いたものに、加筆修正してあるらしい。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら